大切なのはレーシックの実績数

レーシッククリニック選びでは実績数が一番と言って良いほど重要なものとなります。
どんなに高精度の機械を使用していたとしてもそれを扱う医師が経験不足では全くお話にならないのです。レーシックの実績数はホームページなどを調べることで知ることが出来ます。
実績数と言っても医師一人一人の実績数ではなく病院全体の実績数を参考にするようにしましょう。
いくら失敗することがほとんど無いとされているレーシック手術ですが、病院選びは慎重に行うようにしてください。
選ぶ基準としましては、病院の知名度や値段、また最新の機械を取り入れているかなど様々な項目を確認してください。 もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。

 



大切なのはレーシックの実績数ブログ:31-5-20

おいらには
リウマチを二十才で発病した叔母がいる。

その叔母はお父さんのいもうとで、
おいらの記憶にある初対面の印象は、
お父さんが手を貸しながら車から降り、大きな瞳を細くし、
ゆっくりとおだやかに話す、キレイなお姉さんだった。

幼いおいらにとって、
キラキラした瞳で誰にでも優しく接する叔母は、
「見て見て、おいらのおばさんだよ」と
自慢してまわりたい素敵な存在だった。

だが、歩いて外出することは少なかった。
今思えば痛みのことなど理解できるのだが、
五才くらいのおいらにとっては「外に行くのが嫌いなんだ」と思い、
一緒にお買い物に行ったり、遊びに行って欲しかったが
あまり積極的には誘わなかった。

小学生になり、
おいらは学校の事などを叔母に語った。
おいらのたわいもない話に、
叔母は面倒臭そうな顔一つせず、逆に何十分も話の相手をしてくれた。

そんな叔母が大好きで、
一緒に外出したいと強く感じた時、
おいらは質問した。
「どうして外に行かないの?一緒にお買い物に行きたいな!」

すると、叔母は
「脚が痛くてね、長い時間立っていられないんだ、ごめんね…」
と言った。

おいらは「ごめんね」と言った叔母に
「しまった、悲しい気持ちにさせてしまった」と感じ、
さみしそうな表情をしていないかと思いながら、
叔母の顔をのぞくと…

叔母はいつものニコニコ顔で、話を続け、
「おいらのこの痛みはね、他の人が痛い思いをしないように、
神様がおいらだけにくれた痛みなんだよ。
あんたやあんたのおとうとやいもうとが
元気で痛い思いをしないで済むと思うと、
この痛みへっちゃらなんだよ。
だからあんたはおいらの分まで元気でいてね!」
と言った。

今から十年以上も前のやりとりだが、
おいらにはこの言葉が胸に刻まれている。

ホーム サイトマップ