レーシックの手術方法を理解しよう

レーシックでは、まず最初に眼球に麻酔をかけますが、これは目薬なので注射のように痛みを感じることはありません。
目薬の液体の中に麻酔となる成分が含まれており、このことを点眼麻酔と呼んでいます。実際のレーシックではレーザーで角膜を削りめくっていき、そのめくったところにレーザーを照射し、フラップを調整していきます。
最終的に抗生剤の入った目薬を挿して終わりで、おおよそ15分〜30分程度で全ての過程が終了します。
実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう。
「レーシックを受けに行ったら想像していたものと違う」とならないようにしっかりと勉強をしておくことが大切です。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。
レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。

 





携帯買取
URL:http://mobi-ecolife.com/
携帯買取、今すぐアクセス


レーシックの手術方法を理解しようブログ:09-8-20

減量中、夜食は最大の敵です。
寝る前に食べた食べ物は、あまり消費されること無く
体脂肪として蓄積されてしまうからです。

あたくしたちの身体には、自律神経というものがあります。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、
午後は交感神経が働き、 真夜中は副交感神経が働きます。

午後の交感神経は、食べたものの消費を促す指令を出し、
真夜中の副交感神経は、食べたものを
身体に蓄えさせる指令を出します。

だから、真夜中寝る前に食べたりすると
太りやすいんですね。

けれど、腹がすいていらいらしたり、
腹がすき過ぎてあまり眠れない時などは、
低カロリーで消化のいいものをとり、
空腹感を落ち着かせるほうがいいと思います。

それでも寝る直前は避け、
120分くらい前にとるようにしましょう。
真夜中、腹がすきそうな時は、
次の日の朝方食を楽しみに早めに寝るべきですね。

腹がすいてどうしようもない場合は、
お湯を多めに入れたおかゆをゆっくり食べて、空腹を落ち着かせましょう。
消化がいいので、朝方、胃もたれすることもなく、
朝方食もおいしく食べられると思います。

また、
コーンスープやポタージュなどではなく
インスタントのコンソメスープやカワメスープなどもお勧めです。
低カロリーで簡単にでき、身体も温まるのでいいと思います。

レモネードもレモンの香りで心が落ち着いて、イライラがおさまり、
身体も温まり、ビタミンCも取れるのでお勧めです。

日本酒をほんの少し飲んで、
さっさと寝てしまうのもいいかもしれませんね。
ただ、日本酒はなるべく低カロリーのものにして、
おつまみは食べないようにしましょう。


ホーム サイトマップ