日本国内でのレーシック実績

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。
日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。 あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。
オリンピックや数々のスポーツ大会で大活躍をしているスポーツ選手も続々とレーシック手術を受け始めています。
もうメガネなどに頼る時代は終わりました。これからはレーシックで視力を回復させる時代なのです。

 





脂肪吸引の専門です
URL:http://www.e-biyou.com/
脂肪吸引


日本国内でのレーシック実績ブログ:06-4-20

肥満体質の人の食生活を見ると、
いきなりスイーツから食べている人がいます。

「一番おいしいものは一番最初に食べたい!」
食への素直な気持ちの表れなのでしょう。
その気持ちはわかります。

食後のチーズケーキ、食後のアイスクリームなど、
甘くておいしいスイーツは、一番最初に食べたい…

しかし、その素直な気持ちは抑えて、
やはりスイーツを食べるのなら食後にしましょう!

食べるのなら、
主食の前も後も関係ないと思うかもしれませんが…
実は大いに関係するのです。

スイーツはほんの少量でも、高カロリーです。
糖分の吸収も早いため、すぐに満腹を感じてしまい、
スイーツを食べ終わったころには
「もう主食はいらない」と食欲が減退してしまうのです。

スイーツだけ食べて、主食を抜いてしまう可能性が強くなる…
これでは本末転倒です。

本来、食べておくべき主食を後回しにすると、
逆に食べられなくなってしまう可能性が強くなるのです。

しかも、砂糖ばかりがたっぷり含まれ、
ビタミンやミネラルが含まれていないので体にもよくない。

やはりスイーツは、食事の最後に食べるのがベストなんです!

昔から「スイーツは食後」と言われています。
なぜスイーツは食後にするべきかというと、
腹いっぱいに食べさせないようにするためです。

食事をしっかり食べれば、
スイーツを食べようとする食欲が減退して
「もういらない」という気持ちが大きくなります。

腹が膨れて「もういらない」と省くのなら、
主食ではなくスイーツにするべきなんです。

スイーツは抜いても大きな問題にはなりませんが、
主食を抜いてしまうと大問題です。

そうならないためにも
「スイーツは食後」というのは理にかなっているのです。




ホーム サイトマップ